Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

ギター・シールド・ケーブルの長さでトーン・コントロール

December 1, 2014

 

ギターのシールド・ケーブルは何mのものをお使いですか?「長くなるとハイ落ちして、音質が低下するので、

短ければ短いほど良い」、という文章をよく見かけますが、これにはまったく同意出来ません。

 

最初のエフェクターに接続されるまでのギター・ケーブルは、大きくサウンドを変化させます。長ければ、周波数特性が狭いサウンド(ミッドが充実した太い音質)になり、短ければ、ワイド・レンジ(ソリッドで細く繊細な音質)のサウンドになります。

 

ジミ・ヘンドリクス、クリームのエリック・クラプトンなど、60年代のギタリストたちは、多くはカール・コードを使用していました。伸ばせば、10mにもなるものです。彼らのサウンドを出したいのであれば、同じ長さにするべきです。

 

あなたのギター・サウンドの高域がきつく、耳に痛いと感じている場合は7〜10mのケーブルを使用してみて下さい。

アンプのトーンコントロールに頼ることなく、マイルドで太い音質を得る事が出来るでしょう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 aldente-effects alright reserved.  

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey